特定非営利活動法人ゆめぽっとのホームページ

設立趣意書

 子供たちは、みんな、一人ずつの個性に合わせた教育を必要としています。発達に何らかの弱さを持つ子供たちは、その能力や発達段階が千差万別であるだけに、なおのこと、個人に目を向けた係わりが必要です。

 

 軽度発達遅滞を持つ子どもたちにとって、その能力や発達段階に合わせた取り組みが必要とされ、知育、療育、体育など個人の状況に応じて個別の取り組みが望ましく、学校教育のなかで、個人に目を向けた指導が行われることが、望ましい姿であります。
しかしながら、様々な制約により子ども達が望むような係わりが充分に行えない状況にあり、それを補助補完する施設が必要とされております。

 

 ゆめぽっとは、1991年の設立以来、多くの団体や個人のご協力により、就学前児童から、成人まで、子ども達の発達に合わせて、個別の指導や社会性を高めるプログラムを実施して参りました。

 

 特定非営利活動法人 ゆめぽっとでは、それぞれのお子さんに合わせたプログラムを用意し、楽しく安心できる雰囲気の中で、子ども達が自分本来の力を発揮できるよう、お手伝いできる場を作っていきます。そして、発達支援事業では、個をを大切にプログラムを設計し、就学前のお子さんには、知育発達支援を、就学児には、療育学習や、学校授業の補助補完を、高学齢児には作業訓練も実施いたします。また、余暇学習支援事業では、豊かな生活を送るための様々な取り組みも支援して参ります。さらには、発達相談事業として、学校を始め、教育相談室などの教育機関や福祉施設とも連携を密にして、子ども達のより良い発達のため進めて参ります。
 また、障害を持つ児、人の活動範囲を広げ、広く一般市民との交流を図り、地域で共に暮らす豊かな社会の実現に寄与する運動に取り組んで参ります。

 

 ゆめぽっとは1991年の設立以来、任意ボランティア団体として活動して参りましたが、受け入れ児童や人の地域や年齢の範囲が広範囲になり、また、通所期間も長期に渡るようになったため活動の継続性を強く求められるようになりました。さらには、学校を始めとして、教育相談所などの教育機関や福祉機関とも連携を密にして行く上で責任の所在を明確にすることが求められております。また、16年間の実績を活かし委託契約を請け負う際の責任の所在を法人として負うため、特定非活動法人として設立することとします。

 

平成18年12月1日

設立代表者                

住所 東京都狛江市中和泉2丁目10番1号

氏名 鈴木紋次郎            


 
トップ 児童発達支援 放課後等デイサービス アクセス ご利用案内 賛助会員募集